キャリア教育との接続性

【日本理学療法士協会生涯学習との互換性について】

生涯学習担当理事との情報交換・折衝により、本プログラムの履修証明書が、一部の専門理学療法士・認定理学療法士の申請に必要なポイント(100P)として認められました。

1)専門理学療法士について

7つの専門領域のうち、次の5領域
「神経」「運動器」「内部障害」「生活環境支援」「教育・管理」

2)認定理学療法士について

23の認定領域のうち、次の13領域
「地域理学療法」「脳卒中」「神経筋」「脊髄損傷」「運動器」「切断」「呼吸」「循環」
「代謝」「健康増進・参加」「介護予防」「臨床教育」「管理・運営」

3)認定されるポイント数

専門理学療法士→必要ポイント560のうち、(教育)100ポイント
認定理学療法士→必要ポイント180のうち、(その他)100ポイント

 

詳しくは、こちらのPDFファイルをご覧ください。
PDFファイル用アイコンPT協会との互換性(PDF 69KB)

 

 

【日本作業療法士協会生涯学習との互換性について】

生涯教育制度(認定作業療法士および専門作業療法士)の基礎ポイント(10ポイント)として認められました。